自動車保険 高すぎ

自動車保険≪高すぎる≫と思いませんか?



 

最近、自動車保険料が高すぎて家計に大きな負担を感じている方が非常に多くなっています。

 

それもそのはず、損害保険会社の主力事業である自動車保険は、ここ数年赤字体質から抜け出せず毎年のように値上げを続けているのです。

 

そして2014年10月に損害保険大手がまた自動車保険料を値上げしました。

 

各社の自動車保険料収入は2005年以降横ばいなのに、何故値上げが加速しているかというと、65歳以上の高齢者ドライバーの事故が急激に増えているからです。過去10年で約2倍に増えています。それだけ支払い保険金が増えているという事ですね。

 

こうした保険会社の有無を言わせない値上げに対抗するために我々庶民としては、各保険会社を同じ補償内容で保険料を比較し、保険料が一番安くて、事故対応がしっかりしている会社を選べばいいのです。

 

しかし、口で言うのは簡単ですがこれを実際やるとなると、国内20社以上ある損保会社に1社づつ電話して聞かなければならず、膨大な手間と時間がかかってしまいます。

 

それを最短5分でやってくれるサービスがあります。それが「完全無料の自動車保険一括見積もりサービス」です。

 

最近、代理店型の保険ではなく通販型の保険を選ぶ方が増えています。かつては、通販型だと「保険料は安いけど事故対応が心配」という声も聞かれましたが、今は24時間365日事故対応する会社がほとんどなので心配無用です。

 

事故対応が同じレベルなら保険料は安いに越したことはありませんよね。通販型だと代理店手数料分がカットされるので、場合によっては5万円以上安くなるケースもありますよ。年間5万円は大きいですね。

 

≫【無料】自動車保険一括見積もりサービスはこちら

 





 

≫中古車・廃車・水没車の買い取り【無料一括査定】サービスはこちら






 

≫【生命保険の≪相場≫と≪平均≫を知る方法】はこちら

 

≫【無料】火災保険一括見積もりサービスはこちら

平成27年10月1日以降、火災保険の改定に伴い保険料が大幅値上げとなりました。現在同程度の補償内容でも大手の損保会社と比較すると中堅の損保会社(朝日火災、富士火災、日新火災等)の方が保険料が安くなっています。又、10年の長期一括契約にするだけで18%の割引になります。(割引率は保険会社によって異なる場合があります)補償内容をしっかり確認して、少しでも保険料の安い保険会社を選びましょう。一括見積もり(無料)を利用してお確かめ下さい。



 

≫【火災保険の≪相場≫と≪平均≫を知る方法】はこちら