自動車保険 請求権の時効

自動車保険の保険金≪請求権の時効≫とは



 

一定の期間内に保険金の請求権の行使をしないと、時効により消滅してしまいます。

 

1.損害賠償請求権

 

不法行為による民法上の損害賠償請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から3年行使しないと消滅します。(事故が発生した時から20年経過した時も消滅します。)(民法第724条)

 

時効の起算点

時効

損害及び加害者を知った時

3年

事故が発生した時(損害及び加害者を知らないまま)

20年

 

2.保険金請求権

 

対人・対物賠償責任保険の保険金請求権は、被保険者が負担する法律上の損害賠償責任の額が示談・和解・調停・判決などにより確定した時の翌日から2年で消滅します。

 

 

3.時効の中断

 

一定の事実状態の継続を中断することにより、それまでの時効期間は効力を失い、改めて時効が進行します。(民法第147条)

 

損害賠償請求権については加害者に、保険金請求権については保険会社に、時効中断の手続きをとれば、その時点までの時効期間は効力を失い、改めて時効は進行します。尚、政府の保障事業への請求については時効中断は認められていません。

 

≫【無料】自動車保険一括見積もりサービスはこちら

 


 

≫【無料】火災保険一括見積もりサービスはこちら

火災保険は長期契約がお得です。 1年契約と比較した場合、2年契約で7.5%割引、5年契約で14%割引、10年契約(最長)だと18%割引にもなります。(割引率は保険会社によって異なる場合があります)近年の異常気象により、自然災害の将来予測に不確実要素が増しているため、今後も値上がりしていくことが予想されます。また保険会社によって保険料に大きな差も生じています。補償内容をしっかり確認して、少しでも保険料の安い保険会社を選びましょう。一括見積もり(無料)を利用してお確かめ下さい。



 

≫廃車・水没車の買い取り【無料査定】サービスはこちら