自動車保険 値上げ 10月

自動車保険≪10月から値上げ≫



 

2014年10月に東京海上日動火災保険と三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険の損害保険大手3社が、自動車保険料を値上げしました。

 

自動車保険が毎年のように値上げされる要因はなんと言っても「若者の車離れ」と「高齢者ドライバーの事故の激増」です。

 

最近の若者世代は賃金デフレで自動車を買う余裕もなく、車がなければ保険に入る必要もないのは当然です。

 

もう一つの要因は高齢者ドライバーの増加に伴う事故の急増です。

 

この二つの要因は保険会社にしてみれば、保険料収入は減る一方なのに、保険金の支払いは増え続けていくという悪循環の状態なのです。

 

このような状態は各損害保険会社共通の悩みで、自動車保険単体の収支は非常に悪い状態です。

 

「若者の車離れ」や「高齢者ドライバーによる事故の増加」といったトレンドは、今後も続いていくと思われるので、保険料の値上げが今後も続いていく可能性は非常に高いでしょう。

 

私たち消費者がこういった値上げに対抗するにはどうしたらいいのでしょうか?

 

現在、国内で20社以上の損害保険会社がありますが、「一括見積もりサイト」を利用して保険料の負担が少ない保険会社を探すのが一番簡単な方法です。

 

通販型の場合、代理店に支払う手数料コストがかからないので、5万円以上安くなるケースもあります。

 

≫【無料】自動車保険一括見積もりサービスはこちら

 


 

≫【無料】火災保険一括見積もりサービスはこちら

火災保険は長期契約がお得です。 1年契約と比較した場合、2年契約で7.5%割引、5年契約で14%割引、10年契約(最長)だと18%割引にもなります。(割引率は保険会社によって異なる場合があります)近年の異常気象により、自然災害の将来予測に不確実要素が増しているため、今後も値上がりしていくことが予想されます。また保険会社によって保険料に大きな差も生じています。補償内容をしっかり確認して、少しでも保険料の安い保険会社を選びましょう。一括見積もり(無料)を利用してお確かめ下さい。



 

≫廃車・水没車の買い取り【無料査定】サービスはこちら