自動車保険 目安

自動車保険の≪目安≫を探す方法



 

自動車保険料の目安は一体どれ位なのかお悩みの方は多いと思います。

 

初めて新車を購入していざ自動車保険に入ろうとした時、新車を買ったディーラーに勧められて何も考えずに保険契約する方がほとんどではないでしょうか?その後も惰性で毎年同じ代理店で更新というパターンですね。

 

でもちょっと待って下さい。現在、国内の損害保険会社は20社以上ありますが、補償内容が全く同じであれば保険料も同じだと思いますか?

 

保険料の完全自由化前はそういう時代も確かにありました。しかし今は違います。各保険会社によって同じ補償内容でも保険料にかなりの差があるのです。

 

この差を大きくしたのが通販型の自動車保険です。通販型が登場する前は選択の余地はなく否応なしに代理店を通して加入するしかありませんでした。

 

通販型は代理店を仲介することなく保険会社とダイレクトに契約するので、代理店に払う仲介手数料が不要になるためその分ぐっと保険料が安くなるのです。

 

代理店のランクにもよりますが保険料の約20%位は手数料コストです。年間保険料がもし7万円だったら大体1万4千円位は代理店手数料だということですね。

 

通販型が初めて発売された当時は、「安かろう、悪かろう」じゃないのかという声が多く聞かれました。自動車保険に入って「安かろう、悪かろう」を実感する時があるとすれば、事故を起こした時です。事故対応がいい加減だったら入った意味がありません。

 

しかし、こういう消費者のきびしい目によって通販型も改良されて「24時間365日事故対応」が当たり前の時代になりました。高い代理店手数料を負担する価値のある代理店なのかどうかよく考えた方がいいかもしれません。

 

事故対応が同じレベルなら保険料は安いに越したことはありませんよね。通販型だと代理店手数料分がカットされるので、場合によっては5万円以上安くなるケースもありますよ。年間5万円は大きいですね。

 

≫【無料】自動車保険一括見積もりサービスはこちら

 


 

≫【無料】火災保険一括見積もりサービスはこちら

火災保険は長期契約がお得です。 1年契約と比較した場合、2年契約で7.5%割引、5年契約で14%割引、10年契約(最長)だと18%割引にもなります。(割引率は保険会社によって異なる場合があります)近年の異常気象により、自然災害の将来予測に不確実要素が増しているため、今後も値上がりしていくことが予想されます。また保険会社によって保険料に大きな差も生じています。補償内容をしっかり確認して、少しでも保険料の安い保険会社を選びましょう。一括見積もり(無料)を利用してお確かめ下さい。



 

≫廃車・水没車の買い取り【無料査定】サービスはこちら
>