高すぎる,火災保険,平均

高すぎる火災保険は平均を知れば安い保険が見つかる



 

最近家計が苦しくなり、高すぎる火災保険が大きな負担となって悩んでいる方が多いと思います。

 

火災保険は、どの保険会社でも同じと思っていませんか?基本的な補償内容は各社似たような内容ですが、補償の組み合わせ方や、付帯できる特約、割引制度など、各保険会社異なるところが多くあります。中でも保険料に大きな差があるのです。

 

火災保険には、火災の補償だけでなく、落雷・風災・水害・雪害・ひょう災などの自然災害から、水濡れ
、爆発、盗難などの事故を補償するタイプの物もあります。

 

住宅ローンを借りるときに加入する火災保険は「建物」だけが対象となっている場合が多く、「家財」に対応していない場合が多くあります。また、地震保険を付帯していないケースも多くあります。

 

住宅ローンを借りるときに加入した火災保険の保険証券の内容を確認し、不明な点があったら、加入している保険代理店または損害保険会社に問い合わせてみましょう。

 

火災保険の対象に含まれないものに損害が発生した場合は、当然保険金の支払いはありません。 対象建物の環境を考慮した上で、必要な補償を選ぶようにしましょう。加入後の補償内容の変更や中途解約(残りの年数分の保険料は月割で返還されますので一切損はしません)はいつでも可能です。

 

住宅は人生で一番大きな買い物と言われています。自分の家が火災や自然災害等で損害を受けてしまったら大変です。万一のときに備えて、火災保険・地震保険は必ず契約しておきたいものです。

 

建物を購入された建築会社や、不動産屋さんなどで、複数の保険会社からの火災保険の見積もりを取ったことはありますか?恐らくほとんどの方がないのではないでしょうか?

 

最初から1社に決めるよりも複数の保険会社の火災保険を比較した方が、ご予算的にも希望に沿ったプランを見つけることができると思います。

 

それには、複数の保険会社の見積もりを見比べて火災保険の相場・平均を知ることをお勧めします。同じ補償内容でも長期契約にするだけで保険料に20万円の差が出ることもあります。

 

≫【無料】火災保険一括見積もりサービスはこちら

平成27年10月1日以降、火災保険の改定に伴い保険料が大幅値上げとなりました。現在同程度の補償内容でも大手の損保会社と比較すると中堅の損保会社(朝日火災、富士火災、日新火災等)の方が保険料が安くなっています。又、10年の長期一括契約にするだけで18%の割引になります。(割引率は保険会社によって異なる場合があります)補償内容をしっかり確認して、少しでも保険料の安い保険会社を選びましょう。一括見積もり(無料)を利用してお確かめ下さい。

2995


 

≫中古車・廃車・水没車の買い取り【無料一括査定】サービスはこちら






 

≫【生命保険の≪相場≫と≪平均≫を知る方法】はこちら

 

≫【無料】自動車保険一括見積もりサービスはこちら