自動車保険 示談 即決和解

自動車保険≪示談と即決和解≫とは



 

1.示談

 

示談とは

 

示談とは、被害者と加害者がお互いに歩み寄って、話し合いで賠償金の支払い方法を定め、両者円満に解決を図るもので、簡便で費用もかからない方法です。

 

保険会社は、社会通念上公正妥当な示談が結ばれるよう、相談に応じています。

 

示談の効力

 

示談は、一種の契約とされ、一度成立すると破ることは許されません。但し、示談成立後に予期しなかった後遺症が発生した等、大きな事情変更が生じた場合や、示談そのものが公序良俗に反するようなものである場合は、無効となることがあります。

 

示談は、双方の口頭の意思表示だけでも有効ですが、後日の紛争を避けるために、示談書を取り交わしておく必要があります。

 

 

2.即決和解

 

当事者間での話し合いがまとまった段階で、簡易裁判所に和解を申し立て、公判の場で示談条項を和解調書に作成する方法です。 即決和解は裁判による判決と同様の効力を持ちます。

 

3.調停

 

調停とは、公的機関(原則として、相手方の居住する地区の簡易裁判所に申し立てます。)を利用して、双方がお互いに譲り合って解決する民事上の手続きで、判決と同様の効果を持ちます。

 

調停は、学識経験者等で構成されている調停委員会が、双方の話し合いを斡旋する形で進められるので、正式の訴訟と比べると費用も安価で、迅速に結論が出る点が長所です。

 

4. 訴訟

 

当事者間による調停でも話し合いがつかない場合は、裁判で争うことになります。

 

訴訟上の和解

 

訴訟となっても、必ずしも判決まで行くとは限らず、裁判官の勧告による和解で解決する場合が多い。和解が成立すると和解調書が作成され、判決と同様な効果を持ちます。

 

判決

 

最後まで当事者間で妥協がみられない場合は、判決に従うことになります。尚、判決に不服の場合は、上訴することができます。

 

≫【無料】自動車保険一括見積もりサービスはこちら

 


 

≫【無料】火災保険一括見積もりサービスはこちら

火災保険は長期契約がお得です。 1年契約と比較した場合、2年契約で7.5%割引、5年契約で14%割引、10年契約(最長)だと18%割引にもなります。(割引率は保険会社によって異なる場合があります)近年の異常気象により、自然災害の将来予測に不確実要素が増しているため、今後も値上がりしていくことが予想されます。また保険会社によって保険料に大きな差も生じています。補償内容をしっかり確認して、少しでも保険料の安い保険会社を選びましょう。一括見積もり(無料)を利用してお確かめ下さい。



 

≫廃車・水没車の買い取り【無料査定】サービスはこちら