通販型自動車保険 良いところ

通販型自動車保険≪良いところ≫



 

「通販型自動車保険」は、インターネット等を介して契約者と保険会社が直接契約を結ぶ自動車保険のことです。「ダイレクト型」と呼ばれることもあります。

 

1998年の保険業法の改正により、各保険会社が保険料を自由に設定できるようになり、その後、保険料の安さと契約手続きの簡単さで人気を集め、現在10社以上が「通販型自動車保険」を販売しています。

 

一方、「代理店型自動車保険」は、保険業法が改正される以前に一般的だった、ディーラーや損保代理店等を介して保険会社と契約する自動車保険のことを指します。

 

「通販型自動車保険」の主なメリットをまとめてみました。

 

1.保険料が安い
「通販型自動車保険」はインターネット等で契約を行なうため、営業所を構える必要がなく、営業所運営に伴う人件費や代理店手数料といった大きなコストを省くことができます。こういったコスト削減により割安な保険料を実現できるのです。

 

2.申込み等の手続きが簡単
申込み手続き等は、インターネットや郵送を使って行うので、営業所に出向く必要がなく、自分の都合のいい時間帯に手続きができ、仕事が忙しい人には便利です。

 

3.代理店を通さないので担当者との煩わしさがない
「代理店型自動車保険」の場合、通常1年に1回、担当者が保険の更新手続きに自宅を訪れます。忙しい人にとってはこういう時間がムダに感じられるかもしれません。

 

4.補償内容の見直しや比較が簡単
代理店担当者に気兼ねする事なく、自分の希望する補償プランを何度でも見積もりし直す事が出来ます。

 

 

通販型の場合、代理店に支払う手数料コストがかからないので、5万円以上安くなるケースもあります。

 

≫【無料】自動車保険一括見積もりサービスはこちら

 


 

≫【無料】火災保険一括見積もりサービスはこちら

火災保険は長期契約がお得です。 1年契約と比較した場合、2年契約で7.5%割引、5年契約で14%割引、10年契約(最長)だと18%割引にもなります。(割引率は保険会社によって異なる場合があります)近年の異常気象により、自然災害の将来予測に不確実要素が増しているため、今後も値上がりしていくことが予想されます。また保険会社によって保険料に大きな差も生じています。補償内容をしっかり確認して、少しでも保険料の安い保険会社を選びましょう。一括見積もり(無料)を利用してお確かめ下さい。



 

≫廃車・水没車の買い取り【無料査定】サービスはこちら