自動車保険 激安

自動車保険≪激安価格≫を知る方法



 

最近は長引く不況のせいで賃下げ、リストラの嵐が吹き荒れています。そこで電気、ガス、水道といった光熱費の節約等は、既にやっていらっしゃる方は多いかと思います。

 

他に節約する物はないかと考えた時、思い付くのが保険ではないでしょうか?

 

生命保険、火災保険、自動車保険等、色々ありますが、中でも、生命保険や火災保険は内容が複雑で比較しづらいのですが、自動車保険なら簡単に比較できます。

 

今加入している自動車保険の証券に記載されている補償内容を、「完全無料の自動車保険一括見積もりサービス」で入力すれば最短5分で国内20社以上の損保会社の中で一番安い、つまり激安の自動車保険を見つけ出すことができるのです。

 

通販型自動車保険の場合、「安かろう、悪かろう。」という話も過去耳にしたこともありましたが、万一の事故対応も24時間365日対応で各社サービスを向上させていますので、心配無用かと思います。

 

自動車保険の場合、生命保険と違って契約期間は1年と短いので、この保険会社は失敗だったと思えば、次の契約更新の時に別の保険会社に切り替えられますからね。

 

今入っている自動車保険の価格と見積もりの結果出た一番安い価格が、どれ位違うかを知るだけでも「自動車保険一括見積もりサービス」を利用してみる価値があると思います。通販型だと代理店手数料分がカットされるので、場合によっては5万円以上安くなるケースもありますよ。

 

≫【無料】自動車保険一括見積もりサービスはこちら

 


 

≫中古車・廃車・水没車の買い取り【無料一括査定】サービスはこちら






 

≫【生命保険の≪相場≫と≪平均≫を知る方法】はこちら

 

≫【無料】火災保険一括見積もりサービスはこちら

平成27年10月1日以降、火災保険の改定に伴い保険料が大幅値上げとなりました。現在同程度の補償内容でも大手の損保会社と比較すると中堅の損保会社(朝日火災、富士火災、日新火災等)の方が保険料が安くなっています。又、10年の長期一括契約にするだけで18%の割引になります。(割引率は保険会社によって異なる場合があります)補償内容をしっかり確認して、少しでも保険料の安い保険会社を選びましょう。一括見積もり(無料)を利用してお確かめ下さい。



 

≫【火災保険の≪相場≫と≪平均≫を知る方法】はこちら